インビザラインの失敗例

失敗例2:歯ぎしりが直らないインビザラインで歯を削る場合、歯は完全に削られるわけではありません。その代わり、歯がインレー材の層で覆われるまで歯を削ります。

インビザラインは10枚目で変化が実感できるというのはどうやら本当らしいという考察はこちら。

インレーは、歯をさらに支え、歯が削られすぎるのを防止します。インレーが正しくセットされないと、歯が予定通りに動かず、矯正治療が長引く可能性があります。マウスピース装着時間を守らないと、歯が予定通りに動かず、矯正治療が長期化する可能性があります。インレーが正しくセットされないと、歯が予定通りに動かず、矯正治療が長期化することがあります。マウスピース装着時間を守らないと、歯が予定通り動かず、矯正治療が長期化する可能性がある。
失敗例3:インビザライン矯正治療が完了していない インビザライン矯正治療では、治療が完了しても歯質を除去する処置が完了しません。処置が完了しないと、予定通りに歯が動かず、治療が長引く可能性があります。処置が完了しないと、予定通りに歯が動かず、治療が長引く可能性があります。矯正治療が完了しなかった場合、歯が予定通りに動かず、治療が長期化する可能性があります。
失敗例4:矯正治療は完了したが、歯の状態が改善されない インビザライン矯正は、歯の移動のための装着期間がなく、自然な歯の位置と位置が完全に揃わないため、歯が予定通り動かず、治療が長期化する可能性があります。
失敗例5:歯並びが悪い インビザライン矯正は、歯を動かすための装着期間がなく、歯と歯の間のスペースと完全に一致しないため、歯が予定通り動かず、治療が長引く可能性があります。インビザライン矯正は、歯を動かすための装着期間がなく、歯と歯の間のスペースと完全に一致しないため、歯が予定通りに動かず、治療が長期化する可能性があります。
失敗例6:マウスピースで歯並びを整えていない インビザライン矯正治療は、患者様が装着しているマウスピースで行う必要があります

インビザラインの失敗例
Scroll to top