イスラエル軍、ガザへの空爆2日目 死者に5歳児も!?

エルサレム/ガザ(CNN) イスラエル軍は6日夜、パレスチナ自治区ガザ地区で武装組織「イスラム聖戦」に対する空爆を行い、5日間の作戦を継続した。
パレスチナ保健省は、5日午後から始まったイスラエル軍の空爆で、同日死亡した5歳の女児と23歳と79歳の女性2人を含む計24人が死亡し、200人もの負傷者が出たと発表した。保健省は、5月5日午後から始まったイスラエル軍の攻撃で、計24人が死亡し、200人以上が負傷したと発表した。
一方、イスラエル軍は死者の大半は戦闘員だったと主張した。
パレスチナ保健省の報道官はCNNに対し、ガザ北部のジャバリヤで爆発があり、子ども4人を含む7人が死亡したと述べた。爆発はイスラエル軍の空爆によるものだとの見方を示した。
一方、イスラエル政府の閣僚はテレビ会見で、ジャバリアは当時攻撃を受けていなかったと主張した。イスラエル軍はその後、武装勢力がロケット弾の発射に失敗し、爆発が起きたとの声明を発表した。
イスラム聖戦は、ガザとの国境に近いイスラエル側の町に対して、繰り返しロケット弾攻撃を仕掛けてきた。ロケット弾の中には長距離のものもあり、6日には国境から約70キロ離れた町で警報が鳴り響いた。
イスラエル軍は6日夜、ガザから発射された約450発のロケット弾と迫撃砲弾のうち、3割近くがガザ地区に着弾したと発表した。
残りのほとんどはイスラエル軍の対空防衛システム「アイアンドーム」で迎撃されたが、ロケット弾は南部スデロットの高層マンションを直撃した。また、ガザ国境のフェンス付近で爆発した迫撃砲弾により、兵士2人が軽傷を負ったと同軍は発表した。
国連は双方に事態の沈静化を呼びかけている。
パレスチナの保健当局者はCNNに対し、現地では医薬品が不足しているほか、燃料供給停止による停電で病院が影響を受けていると訴えた。

イスラエル軍、ガザへの空爆2日目 死者に5歳児も!?
Scroll to top