なぜ日本のIT業界は終わってると言われるのか?

・なぜ日本のIT業界は終わってると言われるのか?
・海外のIT業界と比較して、日本の立ち位置・特徴も知りたい!

このように日本のIT業界について不安視する人は多い。

特に、現役のエンジニアは今後のキャリアをどう描くべきか?
思慮深くも、先の見えない将来を見据えて、開発に着手しています。

では、実際のところ日本のIT業界はどうなっているのか?
終わってるといわれる理由を、海外にIT業界と比較して解説すると、

【理由1】ユーザー企業よりSier企業が多く多重下請け構造になってるから
【理由2】日本の労働市場は人材の流動性が悪いから
【理由3】システム開発へのIT投資は積極的ではないから

参考:日本のIT業界は終わってる?腐ってると言われる6つの理由を海外比較から考察

上記の通り、特に顕著なのが日本の場合、Sier企業が多いということ。
つまり、IT土方と呼ばれる多重下請け構造になりがちだということ。

なので、終わってるといわれています。
今まさに、エンジニアの将来について考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

なぜ日本のIT業界は終わってると言われるのか?
Scroll to top